2022年4月 設置構想中静岡をフィールドとした学びで人・生活を自然災害から守る土木工学科(仮称)2022年4月 設置構想中静岡をフィールドとした学びで人・生活を自然災害から守る土木工学科(仮称)

※理工学部土木工学科(仮称)は、2022年4月1日の開設を
目指して設置準備を進めています。

静岡理工科大学 土木工学科(仮称)の特色静岡理工科大学 土木工学科(仮称)の特色

  1. 01情報技術を活用した新しい土木を学ぶ01情報技術を活用した新しい土木を学ぶ

    土木工学では、他分野に先んじてGPS、人工衛星、人感センサー、AI、ドローンを使った3D技術、自動操縦を活用しています。データ解析などを取り入れ、さらに環境への対応に取り組みます。

  2. 02静岡県内大学唯一の「土木工学科」(仮称)で学ぶ防災・減災02静岡県内大学唯一の「土木工学科」(仮称)で学ぶ防災・減災

    静岡県は鉄道、港湾、空港を完備した交通の要所であり、大規模な災害発生時には日本全体が多大な影響を受けます。橋や道路など社会基盤の老朽化と災害の発生に対する地域防災に取り組みます。

  3. 03プロジェクト科目とフィールドワーク03プロジェクト科目とフィールドワーク

    富士山をはじめとして背後に高い山々が連なり海岸線が近く東西に長い地理的特徴をもつ静岡県をフィールドとしたプロジェクト科目で広範な視野と能動的な行動力を育成します。

TOPICS

新たな校舎、実験棟

学生同士や教員との対話をもたらす開放的なワンルーム階層の校舎の中で、研究分野の垣根を越えて交流や協働を促進する学び舎を建設。

学部・学科の概要等は予定であり、今後の検討の結果、本概要を変更する場合があります。

  • 取得可能な資格取得可能な資格

    • 卒業とともに得られる主な資格/
      測量士補
    • 卒業後、実務経験で受験資格を
      得られる
      主な資格/
      2級土木施工管理技士
  • 卒業後の進路卒業後の進路

    • 建設会社の土木施工管理技士
    • 鉄道会社、電力会社等の
      エンジニア
    • 公務員(技術職)
    • 大学院進学 などを目指します。
  • 構想概要構想概要

    • 設置学科/理工学部土木工学科(仮称)
    • 開設時期/2022年4月1日開設予定
    • 開設場所/静岡県袋井市豊沢2200−2
    • 入学定員/50名(予定)

    ※理工学部土木工学科(仮称)の概要等は予定であり、
    今後変更になる場合があります。

Special Content MAPで知る静岡理工科大学 土木工学科(仮称)の学びSpecial Content MAPで知る静岡理工科大学 土木工学科(仮称)の学び

街の中にあるVIEWのマークをクリックすると、土木工学科(仮称)で学べることをご覧いただけます。街の中にあるVIEWのマークをクリックすると、土木工学科(仮称)で学べることをご覧いただけます。

土木材料学

コンクリート、鉄鋼、高分子材料などの土木材料を対象に、材料特性を理解したうえで、材料選定、設計、製造・施工、維持管理(点検診断・補修補強など)を学修します。そして、材料開発や要素技術開発、システム構築を通じて、安心・安全で長期間共用できる社会基盤の整備に役立つことを目指します。

都市環境学

都市環境を構成する、人や物の安全かつ円滑な移動を実現する交通計画、環境に配慮しながら人々の生活の質を高める都市・地域計画(スマートシティ)、社会基盤整備の計画から維持管理の効率化を図るインフラマネジメント。これらにICT(情報通信技術)や災害、環境の視点を加え、未来の都市や交通をデザインする手法を学修します。

地盤工学

「地盤を知ること」が建設事業や地盤防災における初歩となります。地域の地盤の成り立ちや性質、特徴を知ることで、土木構造物の設計や維持・管理への活用や自然災害とその対策に繋がります。そして、社会の安全をどのように守っているのか、未来の克服すべき課題は何かを学修していきます。

土木構造学

土木工学分野で一般的な材料である、鋼やコンクリートなどを使用した構造物に生じる力や変形の評価・設計、カーボンなどの新材料を使用した新構造の開発、既存構造物の長寿命化のための補修や補強などを学修する分野です。さらに、構造物の変形や振動などをセンサーで捉えることで、老朽化状況や損傷の有無などを判断することも、この分野で取り組まれています。

水工学

私たちの生活に無くてはならない「水」。しかし、多すぎる雨は「水害」をもたらし、少なすぎる雨は「渇水」を引き起こします。「水工学」は,生活の必須ライフラインとして水を管理する「利水」と、津波や河川の氾濫として毎年のように襲来する激甚水害から私たちの暮らしを守る「治水」、更には私たちの日常的な生活に豊かな潤いを与えてくれる「環境」の3要素を、自然との共生理念のなかで構築することを学修します。