建築構造研究室

丸田誠 教授

「新しい構造材料を用いた鉄筋コンクリート建物の耐震研究」

一般的に使われている、鉄筋やコンクリートも最新の研究や開発で新しい材料に変化してきています。材料強度が高い鉄筋や引張性能に長けたコンクリートなどが一例です。このような新しい材料を用いた鉄筋コンクリートを用いた建物の耐震研究を主にしています。研究は実験と解析を駆使して行ないます。実験は実物の1/2程度の縮尺の柱や梁、または骨組などの破壊試験を通して、地震時にどのような挙動をして破壊していくか観察・計測等をします。解析は、実験をシミュレーションするようなミクロな解析から、耐震設計法に結びつくようなマクロな解析、実際の建物のシミュレーション解析も行ないます。関連企業との共同研究も多く行い、新しい構造部材を世の中に広めるよう進めています。

鉄筋コンクリート梁の構造実験の様子

略歴

1984年 千葉大学大学院修士課程修了
1984年 鹿島建設株式会社
2010年 島根大学理工学部 教授
2016年 島根大学名誉教授 
現職