グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 先端機器分析センター > セミナー・講習会 > 平成24年度 実施報告

平成24年度 実施報告


第25回 機器分析講座

電子線マイクロアナライザ(EPMA)の基礎

日時 【講義】平成25年3月1日(金) 午前10時より午後3時
【実習】平成25年3月1日(金)午後3時より午後5時
会場 【講義】静岡理工科大学 教育棟202教室
【実習】静岡理工科大学 先端機器分析センター1階
講師 株式会社 応用科学研究所 副島啓義 氏
株式会社 島津製作所 小原清弘 氏
参加 教職員 5名/学生 15名/企業団体 15社 24名

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

第24回 機器分析講座

環境放射線とゲルマニウム検出器計測の基礎

日時 【講義】平成24年8月27日(月) 午前10時より午後2時
【実習】平成24年8月27日(月)午後2時より午後5時
会場 【講義】静岡理工科大学 教育棟202教室
【実習】静岡理工科大学 先端機器分析センター1階
講師 キャンベラジャパン(株) 小笠原 強二 氏
静岡理工科大学 物質生命科学科 教授 吉田 豊
参加 教職員 1名/学生 9名/企業技術者 11社 14名

第23回 機器分析講座

粉末X線回折の基礎

日時 【講義】平成24年7月27日(金)午前10時より午後2時
【実習】平成24年7月27日(金)午後2時より午後5時
会場 【講義】静岡理工科大学 教育棟301教室
【実習】静岡理工科大学 先端機器分析センター3階
講師 (株)リガク 久保 富活 氏
参加 教職員 1名/学生 10名/企業技術者 13社 16名

平成24年7月27日(金)に、第23回機器分析講座が開催されました。
テーマは、「粉末X線回折の基礎」で㈱リガクの久保副センター長をお招きしてX線回折による測定・解析について、基礎から応用事例について紹介しました。すでに今年の3月、「薄膜X線解析の基礎」と題してX線関係の講座を実施しており、この装置で今年2回目の講座です。今回は、基礎、粉末X線回折測定、小角散乱測定、リートベルト解析法について講義と実習を行いました。
小角散乱測定は試料中に分散した微小異物の粒径等を評価する手法で、1から100nmサイズの微粒子の平均粒径を比較的簡単に測定できることが講義と実習で示されました。
リートベルト解析とは既知の結晶構造情報をもとに最少二乗法とシュミレーションを使い、粉末X線回折データから実試料の結晶構造を精密に求める手法です。粉末X線回折データから結晶構造パラメータを精密化し、結晶構造を求め、電子密度分布を出力する手順が説明されました。