前期共通テスト利用(A)

※給費型奨学生制度対象入学者選抜
※他大学との併願可

1.募集学部・学科・専攻
[理工学部] 機械工学科 電気電子工学科 物質生命科学科 建築学科 土木工学科*
[情報学部] 学部一括募集(コンピュータシステム学科 情報デザイン学科)
[情報学部] データサイエンス専攻(コンピュータシステム学科)

*土木工学科 2022年4月開設

2.出願資格
・2022年(令和4年度)の「大学入学共通テスト」において各学部学科で指定する3教科を受験していること
・次のいずれかの条件を充たす者
①高等学校(中等教育学校の後期課程を含む)を卒業した者及び2022年3月に卒業見込みの者
②通常の課程による12年の課程を修了した者及び2022年3月に卒業見込みの者
③高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定含む)に合格した者及び2022年3月末までに合格見込みの者
④外国において学校教育における12年の課程を修了した者またはそれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者(2022年3月末までにこれに該当する見込み者を含む)
⑤文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者及び2022年3月末までに修了見込みの者
⑥文部科学大臣の指定した者
⑦相当の年齢に達し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると本学が認めた者

3.出願期間
2022年1月6日(木)~1月30日(日)正午まで

※書類提出期限:2月7日(月)必着のこと

4.試験日
個別試験なし

■理工学部:下記の4教科から3教科を出願時に選択
学部 学科 選択教科 科目 配点
理工
学部
機械工学科
電気電子工学科
物質生命科学科
建築学科
土木工学科
数学 数学Ⅰ、数学Ⅱ、〔数学Ⅰ・数学A〕、〔数学Ⅱ・数学B〕から1つ 各100点
理科 物理、化学、生物 から1つ
外国語 英語(リーディング50点+リスニング50点)、独語、仏語、中国語、韓国語から1つ
国語 近代以降の文章

*大学入学共通テストの数学、理科において2科目以上を受験した場合は、それぞれ高得点の科目を判定対象とする。


■情報学部:下記の5教科から3教科を出願時に選択
学部 選択教科 科目 配点
情報
学部
数学 数学Ⅰ、数学Ⅱ、〔数学Ⅰ・数学A〕、〔数学Ⅱ・数学B〕、
〔簿記・会計〕、情報関係基礎 から1つ
各100点
理科 物理基礎、化学基礎、生物基礎から2つ、または物理、化学、生物から1つ
外国語 英語(リーディング50点+リスニング50点)、独語、仏語、中国語、韓国語
国語 近代以降の文章
地理歴史・公民 世界史A、世界史B、日本史A、日本史B、地理A、地理B、
現代社会、倫理、〔政治・経済〕、 〔倫理、政治・経済〕から1つ

*大学入学共通テストの数学、理科、地理歴史・公民において2科目以上を受験した場合は、それぞれ高得点の科目を判定対象とする。

■データサイエンス専攻(コンピュータシステム学科)
:下記の5教科から3教科を出願時に選択(数学、外国語は必須)
選択教科 科目 配点
必須 数学 数学Ⅰ、数学Ⅱ、 〔数学Ⅰ・数学A〕、〔数Ⅱ・数B〕、
〔簿記・会計〕、情報関係基礎から1つ
100点
外国語 英語(リーディング50 点+リスニング50 点) *他の言語科目は不可 100点
選択 理科 物理基礎、化学基礎、生物基礎から2つ、または物理、化学、生物から1つ 100点
国語 近代以降の文章
地理歴史・公民 世界史A、世界史B、日本史A、日本史B、地理A、地理B、
現代社会、倫理、〔政治・経済〕・ 〔倫理、政治・経済〕から1つ

※大学入学共通テストの数学、理科、地理歴史・公民において2科目以上を受験した場合は、それぞれ高得点の科目を判定対象とする。

6.選考方法
大学入学共通テストの指定教科の結果に基づき、評価・判定する。
なお、合否ボーダーライン付近の受験者については、調査書の学習成績概評(配点5点満点)と活動報告書(提出任意、配点5点満点 詳細は下記参照)を加点し、「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を評価に加えた形での判定を行う

〇調査書の評価について
学習成績概評に基づき次の5段階で評価を行う
A=5点 B=4点 C=3点 D=2点 E=1点

ただし、学習成績概評の記載がない書類(卒業証明書、成績証明書、合格成績証明書等)については評価対象としない。
また、コロナウイルス感染症に伴う臨時休業により、学習成績概評の記載ができない場合は、出願時点において記載できる最も新しい学習成績概評に読み替えるものとする。

〇活動報告書の評価について
次の項目【評価点各1点】についての評価を行う
Ⅰ 高度な技術や能力を持つ者(資格・検定)
Ⅱ 社会的活動を通じて高い評価を得ている者
Ⅲ 課外活動等さまざまな分野で高い評価を得ている者(発表会・コンテスト・競技会)
Ⅳ その他具体的な事例で示すことのできる特長を持った者
Ⅴ プラス評価 上記4項目の内、同一項目内に複数の違う分野での活動実績が認められる者に【評価点1点を加点】する

7.結果通知日
2月17日(木)

※その他
追加合格について
合格者の入学手続状況によっては、追加合格を実施する場合がある。
(詳細は「合格発表・入学手続内、追加合格について」を参照のこと)

入学検定料

20,000 円
・前期共通テスト利用(A)における複数学科の志願や前期共通テスト利用(S)・(B)を志願する場合には追加の検定料を免除する(詳細は「入学検定料割引制度」を参照のこと)
・入学検定料の納付はWEB出願時に案内される期限までに行うこと。

給費型奨学生制度 対象入学者選抜

・前期共通テスト利用(A)成績優秀者として成績上位の者を「授業料100万円給費奨学生」(最大4年間400万円給費※更新条件有)として採用
採用枠は、一般前期(A)、一般前期(A)共通テストプラス、前期共通テスト利用(S)、前期共通テスト利用(A)の各選考合わせて最大30名

・前期共通テスト利用(A)の合格者の内、合計得点率65%以上の者を「授業料50万円給費奨学生」(人数制限無し 最大4年間200万円給費※更新条件有)として採用

・前期共通テスト利用(A) の合格者の内、合計得点率55%以上の者を「入学応援金10万円給費奨学生」(人数制限無し)として採用

-前期共通テスト利用(S)と(A)の違いについて-
前期共通テスト利用(S)は出願締切が大学入学共通テスト前で 合格者の内、合計得点率60%以上の者を授業料50万円給費型奨学生に採用

前期共通テスト利用(A)は出願締切が大学入学共通テスト後で 合格者の内、合計得点率65%以上の者を授業料50万円給費型奨学生に採用

出願方法・書類

1.出願方法
WEB出願でのみ受付

※2022年1月6日(木)10:00~受付開始
※WEB出願の流れはこちらから

2021WEB-navi.jpg

2.出願書類
出願登録、入学検定料の支払い後にダウンロードできる書類(WEB志願票、宛名シート)を印刷し、以下の書類を宛名シートを貼付した封筒に入れ、簡易書留速達で送付のこと

• WEB志願票
令和4共通テスト成績請求票(私立大学用)、顔写真(4 × 3cm)を貼り付けること
• 調査書
高等学校長が作成し、厳封したもの。既卒者は成績証明書も可。
高等学校卒業程度認定試験の合格(見込)者は「合格(見込)成績証明書」を提出のこと
*複数の入試種別で出願する場合でも、一度の送付につき調査書は1通で可。
*ボーダーライン付近の受験者について5段階での評価を行う(6.選考方法欄参照のこと)
• 活動報告書
本学指定書式、提出は任意、ボーダーライン付近の受験者について5段階での評価を行う(6.選考方法欄参照のこと) 
なお、記載した活動実績や取得資格を証明する資料があればその写しを同封すること
• 令和4年度大学等奨学生採用候補者決定通知【本人保管用】のコピー(該当者:給付奨学金の採用候補者のみ)

※書類提出期限:2月7日(月)必着のこと

書式データ

活動報告書-様式B (PDF ファイル 0.35MB)
活動報告書-様式B (Excel ファイル 0.03MB)
活動報告書 記入例 (PDF ファイル 0.57MB)

・・・印刷の際は、A4サイズの用紙に両面印刷またはA3サイズの用紙に割付印刷すること。

受験票

受験票は検定料支払い完了後、受付順に本学より送付
裏面に「合否案内サービス(PASS-TEL)」の利用方法を記載

結果通知

• 合格者には結果通知日(2月17日)当日、合格通知書(入学手続関係書類含む)を簡易書留速達郵便で送付する。  
なお、不合格者には通知しないので注意すること
• 給費奨学生に採用された場合には、その旨が合格通知書に記載される
• 本学構内での掲示による発表は行わない

合否案内サービス(PASS-TEL)

• 合否結果を、スマートフォン、パソコンを利用した「合否案内サービス(PASS-TEL)」でも通知

PASS-TEL利用方法 (PDF ファイル 0.23MB)