【図書館スタッフより】 読書マラソン表彰式をおこないました!


SIST読書マラソン」は、毎年、秋の読書週間からスタートする読書キャンペーンイベントで、今年で第11回を数えます。

マラソンにちなんだ42日間の開催期間中、本を読んで、短い感想文を記録カードとして提出し、多くの本を読んだ学生や優れた感想文を書いた学生を表彰しています。

 

今年は、優勝と準優勝、敢闘賞3名、POP健闘賞、計5名を図書館長の秋山教授から表彰していただきました。

 

優勝は、物質生命科学科1年の重本彩さんでした!

読書マラソンでは、普段読まないジャンルの本や、話題の本、文学賞受賞作などの良書に触れてもらう機会として推薦図書を選定していますが、重本さんは、推薦図書12冊に挑戦してくれました。

 

準優勝は、1年生のころから「4年連続・準優勝」という快挙の近田拓也さん(人間情報デザイン学科4年)です。

忙しいスケジュールの中、4年連続で参加してくれました。

 

また、敢闘賞は原田和真さん(機械工学科3年)、木村祐介さん(電気電子工学科3年)、高木瑠美奈さん(人間情報デザイン学科4年)が受賞されました。

高木さんはPOP健闘賞とのW受賞となりました。

 

参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

提出された感想文の一部は、2月発行の図書館だより(図書館の広報紙)に掲載します。

 

さて、明日から冬休み期間。図書館も年内の開館は本日までです。

自宅で過ごす時間も増えることでしょう。

読書してゆったり過ごすのもいいものですよ。

 (図書館のクリスマスツリーは、学生と職員で飾り付けました。)