【教職課程】「入学者数を増やすには」をテーマに出た意見を学長へ発表

教職課程3年生科目「教職総合演習Ⅰ」ではKJ法を用いて、1つのテーマに対して意見を出し合い、まとめる授業を行っています。

今年は「入学者数を増やすには」をテーマに2グループに分かれて、それぞれ意見をまとめました。

すると…学長から「ぜひ、その内容について話を聞いてみたいなあ」とのお話があり、

3月2日に学長へ発表を行いました!

まずはお昼ご飯を食べながら、それぞれの学生生活についてお話。

学生のみなさん、少し緊張していますね~(汗)

 

それぞれのグループがKJ法によりまとめた全体図は、このようになっていました↓

KJ法は、自由に意見を出しひとつずつ付箋へ記入し、

付箋の内容をグループ分けし、最後に模造紙へ図解してまとめる方法です。

 

お腹もいっぱいになったところで、さあ学長へ発表です!!

 

普段、大学に対して思っていることなどを元に、様々な意見が出されました。

 

先生方の表情も真剣です…!

 

少し緊張していた場面もありましたが、発表ではみなさん堂々と話をしていました。

さすが、教壇に立つことを夢見る教職課程の学生さんです!!

 

発表では学生ならではの意見が多く出され、中には切実な声も出ましたね。

(もっと女子学生、増やさないとね!)

教職員と学生で協力しあい、より魅力的な大学へ発展していくようがんばりましょう!