物質生命科学科|小土橋 陽平 講師, 齋藤 明広 教授らの論文がPolymers誌(スイス)に掲載されました

物質生命科学科 小土橋 陽平 講師, 齋藤 明広 教授, 志賀 駿貴, 森 彦光が, 抗菌性を有する新しい高分子材料を開発しました. 高分子による抗菌性は, 長期間の殺菌性, 少ない副作用, 化学的安定性の高さ, 不揮発性, 皮膚から透過しない, 耐性菌が出現しにくいなどの利点から近年注目されています. 特に薬物耐性菌に関しては, 2050年には関連する死者が1000万人にのぼると予測され, 対策が急務です。小土橋らは, カチオン性高分子による細菌膜の物理的な破壊に着目し, これを発揮する新しい高分子材料を開発することに成功しました. 解析から, 薬物耐性菌であるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌を含め, 様々な細菌に対し抗菌性を示すことが明らかとなりました. また, 細菌を効率よく吸着/凝集させることにも成功しています. 本材料は, 抗菌性の創傷被覆材(ドレッシング材)への応用が期待されます. 本研究は中東遠総合医療センター、名古屋大学、静岡大学との共同研究により遂行されました。論文はPolymers誌(スイス)に掲載されます。(https://doi.org/10.3390/polym10090947)

小土橋講師の研究室の紹介ページはこちら